産業安全技術協会では、労働安全衛生法令で定める機械等の検定業務のほか、JIS、IEC、ISOなどの基準による安全性能試験業務、また国際安全規格体系に基づく規格・基準への適合性の評価と認証業務を行っています。その他、関係機関からの委託研究、産業安全に係る技術指導、技術講習会なども実施しています。

作業環境によっては、粉じん、ヒューム、ミスト、有毒ガスなど、種々の有害物質が存在するする場合があり、このような時には、適切な呼吸用保護具を着用する事が必要です。

可燃性粉じんは、条件によっては着火爆発を起こすことがあります。可燃性粉じんの「爆発のしやすさ」や「爆発の激しさ」を評価するため、粉じん爆発試験が行われます。

クイックアクセスQuick Access

協会からのお知らせ

一覧を見る

技術・検定情報

一覧を見る

ピックアップコンテンツPick Up Contents

よくある質問FAQ